2013年10月03日

うつ病対策アプリ

私(院長:宮本)が卒業したビジネススクールの同窓生「片岡 真由美」さんが代表を務めている会社「Leaps Japan」がアンドロイド用のうつ病対策アプリ「pint」を開発したとのことでお話を伺ってきました。

さっそく「当院」の受付にリーフレットを設置いたしました。
pint_01.jpg

うつ病は今や日常的な疾患となっています。うつ病は患者さんの仕事の効率や対人関係などの社会性に影響を及ぼしますので、ご家族も含めて周囲の人たちがどのように対処すれば良いのか戸惑うケースも多いと思います。これまで多くの方がご家族とともにうつ病に対処し乗り越え、その経験から様々なノウハウが蓄積されているにもかかわらず、いざ新しくうつ病に直面した方がその知恵を知ろう・利用しようと思ってもまとまった情報源というのはなかなかありませんでした。
このアプリには、うつ病に関わる情報が網羅的につめこまれているそうです。

pint.jpg

利用できるはずの制度を知らないがゆえに必要以上の苦労を背負っていたり、対応方法がわからずに必要以上に不安な日々を過ごしていたり、そのようなことが少しでも減るように、ネット社会で情報があふれているがゆえに、このようなサービスのニーズは増えていくと思います。
うつ病だけにとどまらず、他の精神疾患や認知症などにも対応していって欲しいと思います。

院長:宮本
posted by wm-clinic at 19:40| 院長